主婦で起業したい!っていう気持ちは本当に甘いのか?

起業を考えていたら、周りに

 

「起業なんて主婦ができるわけないじゃん!」

 

「起業なんてそんな甘くないよ~数年で倒産する所がほとんどだよ?」

 

なんてあなたは周囲の人から反対にあうかもしれません…

 

でも、どうしてやる前からこうも、外野はあなたを止めようとするのでしょうか?

 

ママである前に「自分らしさ」を表現したいのってそんなにいけないこと?

 

今回は主婦で起業したいなら、どんどん起業すればいいっ!

についてお話しできればと思います^^

主婦で起業したらダメなの?甘い考えなの?

 

私のアイデンティティ

私自身は今ではブログで稼ぐアフィリエイトでビジネスをしていますが、

結婚前はバリバリ仕事をしていました。

 

営業も、事務も、秘書も色んな仕事をしてきました。

 

私は単純に仕事が好きです。仕事で得られる達成感は大きいです。

 

結婚・出産前というのは私にとって仕事そのものがアイデンティティぐらいの

勢いだったかもしれません。

 

では、出産後はどうだったでしょう?

 

女性のキャリアのリセット

日本って、いまだに「男性社会」だと思うんです。一部女性の管理職もいますけどね…

 

大学を出て、就職難の時代でも就職活動をがんばってやっと就職。

 

仕事がすごく楽しくて「私、絶対結婚なんてしないもん!」なんて当時は思ってました(笑)

 

だって、出産でもしたら今までのキャリアはなくなるだろうな、なんて

独身の頃から感じてたから。

 

そんなこんなであーこも結婚出産となります。

 

子どもがある程度大きくなって来た頃、再就職にチャレンジ。

 

しかし、

 

ない!ない!ない!ない!…

 

ママになって安定的な正社員の道なんてありませんでした。

 

女性が正社員を辞めないで済む人というのは、

 

・実家が近い

・残業できる

 

これでやっと採用面接で選考してもらえるかどうか。

 

すると残るはパートのレジ打ちぐらいしか残っていないんです。。

 

「今まで仕事に打ち込んできた私って何だったの?」

 

なんて打ちひしがれていましたね…

 

女性がぜんぶやらないといけない日本社会

打ちひしがれつつも、何とか再就職にありつくことができました。

 

久しぶりの仕事復帰!とても嬉しかったことを覚えています。

 

仕事自体は楽しかったんですけどね…こっからが激大変だった。。

 

漫画であーこが激大変な姿はコチラ

↓  ↓  ↓

 

早朝に起きて洗濯。子どもの宿題チェック。

 

続けて自分の朝の準備はそこそこに、家族を起こす、食事をさせる。

 

朝の時点で一日の元気を使い果たすぐらい疲れてる(笑)。

 

日中は仕事をし、保育園に遅れると今度は保育士さんにも嫌味を言われるので

 

猛ダッシュでお迎え。

 

帰宅すると、上の子の宿題を見たり、溜まった家事をしながら夕飯作り。

 

この間私は一度足りとも休むことはできません。

 

夕飯が終われば急いでお風呂に入れて、

 

部屋を片付けていたらもうすぐに寝かしつけ。

 

夫は夜遅くに帰ってきます。

 

何コレ、すんごい疲れる!

 

この辺で夫をある時期は嫌いになったりして。

 

「どうして夫は働くだけでいいの?家事も分担じゃないの?」

 

という不平等感が生まれます。

 

そして何よりつらかったのが、子どもと長時間離ればなれになることでした。

 

フルタイムでママが働こうとすると、

子どもが熱を出すたびに休むことなんてできません。

 

毎回欠勤していたら会社なんてすぐにクビになってしまいます。

 

だから、少しぐらいの微熱なら保育園に押し込んだり。

 

でも本心では、「子どもの具合が悪い時ぐらいそばにいてやりたい。」

 

と、切なくなる日々でしたね…子どもが小さい頃なんてほんのいっときなのにって。

 

これ、一体誰が幸せなんでしょうね?

 

私はキーキーしていて、子どもたちもいつも怒られて。

 

夫婦間もギスギスしてしまう始末。

 

これって誰のせい?

 

日本で子育ては罰ゲーム?

私の古くからの友人はなぜかほとんど海外で活躍する女性ばかり。

 

海外で活躍し、子育てしている彼女たちにとって、

日本での子育ては「罰ゲーム」にしか見えないんだそうな。

 

日本は「お母さん」が今過重労働だって思うんです。

 

いわゆるワンオペ育児ってヤツ。

 

「女性の総活躍社会」なんて大々的に看板かかげてますが、ただ看板にしているだけ。

 

実態は女性が何もかもやる毎日です。

 

では男性(夫)はどうでしょう?普通の会社で育休なんて取れる会社はほんのわずかでしょう。

 

飲み会に出るのは当たり前の中、

自分だけ「子どもをお風呂に入れたいので帰ります!」

なんて間違っても言えない風潮なのではないでしょうか。

 

夫にも「手伝いたくても手伝えないんだよ~(泣)」なんて言われたこともあったっけ。

 

ようするに、ママも働きましょう、でもママを応援する社会体制が追い付いていないということ

なんだと思うんです。

 

じゃあ命を削ってまで働けばいいのか?

 

子どもと離れて働けばいいのか?

 

と言ったらそんなこともないと思うんです。

 

低リスクで主婦も起業しちゃえばいいじゃん!

主婦だってどんどん起業しちゃえばいいと私は思っています。

 

リスクの低いビジネスで家族のライフスタイルに合わせてできる仕事を選べばいい。

 

それが私にとっては「アフィリエイト」だったんです。

 

アフィリエイトというのは他の起業に比べて

 

とにかく少額投資ではじめられます。

 

主婦やママにとって自分の夢のために、数百万円も準備資金として

 

用意するのって難しいし、家族を巻き込むワケにもいかないですよね?

 

例えばあなたが開業資金数百万円を用意して

実店舗経営がうまくいかなければその時点で投資した数百万円はパーです。

 

結構これってリスク高いですよね・・・

 

しかし、アフィリエイトであれば、レンタルサーバー代、ドメイン代、ちょっとしたツール代

でどんなに多く見積もっても、10万円以下から始められます。

 

もちろん、アフィリエイトで軌道になるまでは、寝ながら楽して稼げる仕事ではありません。

 

しかし、ある程度の努力で、年収一千万~年収二千万円程度なら誰でも

到達可能なのがアフィリエイトです。

 

そして何よりうれしいのが、子どもや家族に合わせた仕事時間を調整できるということです。

 

私なんかも、アフィリエイトで稼いでいるのに、

子どもたちの行事には全出席できていて、

 

「アフィリエイトを選んで本当によかったな~」なんて思います。

 

私自身は、性別で仕事に差別があるのはとても嫌なことなんですが、

それを前提としても女性に合ったお仕事ってあると思うんですよね^^

 

女性が輝ける仕事、体力的にも無理でない仕事、家族が笑い合える仕事。

 

その一つが「アフィリエイト」なんじゃないかなって思います。

 

あーこでした^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ